>
車検・点検整備

車検

車検とは・‥「車検」とは皆様のお車が「道路運送車両法」に定められた「保安基準」に適合してるかどうかを「検査」することを言います。
正式には「継続検査」と言い、お車をお持ちの方は定期的に検査を受けることが義務づけられています。
この検査に合格するとその車は次の検査まで一般公道を走ることができます。 逆を言えば合格するとその車で道路を走ることは出来ません。 ただし、これは次の検査までその車が安全であること等を保証するものではありません。
車検では「検査」だけを行いますので、 車を安全で快適な状態に保つ為には別途「整備」が必要です。
お車が古くなると劣化したりへたったりしていくので、お車が古くなるにつれて定期的に点検することをお勧めします。

車検は通常「車検証に記載されている有効期間の満了する日」までに行います。
車検は車検証の有効期間の満了日の1ヶ月以内に受ければ、次回の満了日は
変わりません。
車検は新車を買って最初の有効期間の満了日は3年後、2回目以降は2年ごととなります。
車検の有効期間は「車検証に記載されてる満了日」までですが、自動車の種類、車検の回数によって異なります。

 

自動車の種類 有効期間
新車の自家用自動車、新車の軽自動車 3年
2回目以降の自家用自動車、軽自動車、軽貨物車 2年
2回目以降の自家用小型貨物車 1年

当社での車検の作業項目です。

まずリフトで車を上げて下回りを目視で点検します。
このときブーツ類などの亀裂やオイル漏れなどをチェックします。

 

次にタイヤをはずして足回りを分解整備します。
このとき、錆がないかなどをチェックし、ブレーキを踏んだときに出る粉をエアーでふかします。
そしてグリスアップし、面取り(ブレーキを踏むと一方に力がくわわり、
バリが出来るのを取り除く作業)をしてスムーズに作動しているかを見ます。

 

次にブレーキオイルを新しいオイルに入れ替えます。
このオイルを変えないと錆がでたりしてピストンの動きが悪くなったりして、ブレーキの利きが悪くなることもあります。
当社ではほぼ変えておりますので安心して走行していただけます。
 

 

次にエンジンルームの点検、整備をします。
バッテリー、エアクリーナー(空気を吸い込むとき、汚れたものを通さなくする物)、プラグ、ベルト、冷却水、ウォッシャー液、エンジンオイル、ミッションオイル、ATオイルなどを点検し、悪い箇所は交換いたします。
 

 

最後は足回りなどのネジの緩み等を点検し、タイヤを付けます。
その後ラインで最終点検をして終わりです。

当社の車検は次の車検まで安全に乗れるよう整備いたしますので多少高いです!
しかし安い車検でいいのでしょうか?悪いところは変えて予防整備をしっかりして、安心して乗っていただくことが当社の願いであり目標です。

 

 

点検整備 

点検整備とは・‥お車の健康状態を定期的にチェックして、必要に応じて整備を行うことです。
お車のトラブル防止や性能の維持を図るための予防整備であり、点検の結果不具合箇所を整備します。その際、部品の摩耗などにより近いうちに不具合になる恐れがある個所についても故障が発生する前に整備して、一定期間の安全性を保ちます。定期点検することでお車の健康を維持し、 寿命を延ばすことにもなります。
人で言う、「健康診断」とも言いますので、定期的に点検することが大切です。 


プラグ

ベルト

フロントディスクパット

ドライブシャフト

バッテリー

エアクリーナー